町田での葬儀は効率も重視

最近のお葬式というと、家族葬が選ばれることが増えてきました。家族葬ならば、お葬式に参列してくれた人たちの中に、あの人は誰の知り合いだろうと首をひねる人がでてくることがないからです。町田でも家族葬が選ばれる傾向が強いのは、知らない人の参列をできるだけ減らしたいという希望に加え、葬儀の規模を絞りたいという思惑もあるでしょう。家族と親族だけなら、参列者の数は容易に絞り込めます。さまざまな準備もあらかじめ人数がわかっていれば、スムーズに予定が立てられるということになりますので、限られた時間でお葬式を行わなければならない人にとっては最適と言えます。東京都心で働く人たちが多く住む町田で家族葬というスタイルが浸透しているのは、葬儀も効率の良さを考えて執り行う必要があると感じている人が多いということの現れです。

家族葬や直葬などの町田市の葬儀

言われるままの葬儀をして、必要以上に高い金額を支払うことに疑問を感じる人が多くなっています。もちろん人が亡くなったということは、それなりに人生を振り返る時間を作ることになりますので、金銭的にかかるということはわかります。しかし、今までの時代のように、お金をかけることがいいことかどうかを考えることによって、残された家族との時間を大切にする気持ちも出てきます。葬儀は本当に必要なんだろうかという極論的な考え方もできますが、そんな心配や疑問を持っている方も多くなっているのも今の時代の特徴になります。特に都市部では、家族葬のように少人数で行う葬儀が多くなっているので、当たり前に直葬と呼ばれる葬送の形式をやっているところもあります。町田市でも様々なニーズに答えるやり方をすすめているので、家族が選ぶことができます。

町田での小規模葬儀に求められていること

昨今、大都市を中心に増えている葬儀のスタイルといえば、小規模なお葬式です。小規模の内容はいくつかあり、参列者の数を少なくすることから、葬儀の内容を縮小することも含みます。一般的にはお通夜を行ってから告別式という流れですが、最近ではお通夜は省き、告別式のみを行って参列者の負担を軽減しようという一日葬というスタイルがあります。また、告別式さえも行わず、火葬場の前でお弔いをする直葬というスタイルも登場しています。これなどは参列者はほぼ一親等のみということで、これまでお葬式に必要だと思われていたあらゆるものをそぎ落とした感があります。町田のような都心で仕事をしている人が住むベッドタウンではこうした傾向が顕著に表れていて、儀礼的な儀式や社交辞令を一切盛り込まない小規模な葬儀スタイルが支持されています。